ディスクユニオン大阪店は日々 1,000点前後のCD、レコードが入荷しております。
こちらのブログの商品はそれらのごく一部です。  ご来店お待ちしております。

7/26(木)【新着書籍】某電子書籍アプリ内でNo.1の売れ行きを誇ったライター/翻訳家・小林雅明はじめての書籍化!



小林雅明

ミックステープ文化論


BOOK(11) 1,944円(税込) 9784401644377


商品レビュー


某電子書籍アプリ内で、No.1の売れ行きを誇ったライター/翻訳家・小林雅明の作品、初めての書籍化!ヒップホップの過去と未来が透けて見える、“ミックステープ”とは一体何か?


2017年の第59回グラミー賞で最優秀ラップアルバムに選ばれたのは、チャンス・ザ・ラッパーの『Coloring Book』。これはCDでもDL販売でのアルバム形態の販売もない、無料配信での「ミックステープ」という形を取る作品だった。80年代にヒップホップ/クラブ系アーティストらの手で、著作権を無視したアンダーグラウンドなブートレッグの一種として登場。当初のメディアはカセットデープだったことからその名に“テープ”と残っているが、時代とともにCD-R、DL音源、ストリーミングへと姿を変えた今も、その呼び名だけは変わらない。しかしその本質は、アーティストの“名刺代わり”のプロモーション・ツールから、さまざまな紆余曲折を経て、もはや“作品そのもの”へと変化していく。本書は、技術の進化とともにあるその変遷、時代ごとの意味合い、また「作品をプロモートする」「音楽を売る」をいうレコード会社の在り方まで変えて来た「ミックステープ」というメディアを、さまざまな角度からアカデミックに斬る一冊。

「二つ目のミックステープを作って、それをネット上に無料で出したあと、自分の計画では、レーベルと契約して、その後で、自分の音楽について考えるつもりでいた。ところが、三大メジャー・レーベルとのミーティングを経てわかったのは、何かに囲い込まれなくても、自力で、自分の作品をベストな形でみんなに提供できるということだった。お金ならツアーや物販で稼ぐし、何かに取り組む場合にも、きっちりと実行していけば、既存のやり方に従う必要はないと、本気で考えている」
──チャンス・ザ・ラッパー(「はじめに」より抜粋)

■目次
はじめに

パート1
1.ラップ・レコード登場以前
2.クラブプレイからミックスショウへ
3.ミックステープの完成〜『52 Beats』
4.ブレンドでミックスキングに
5.区切りの年、1991年

パート2
1.エクスクルーシヴ
2.ジ・オリジネーター
3.ミックステープ・アウォーズと95年
4.録り下ろしフリースタイル
5.ミックステープの商業化
6.殺るか殺られるか〜ドキュメンタリーとして
7.コンピからアルバム型へ、DJからアーティスト主導へ
8.セルフ・ブランディングのツールとして
9.ニューヨーク以外の地域での興隆
10.アンオフィシャル・リミックスとジェイ・Z
11.ミックステープ発信体制の整備とフリーダウンロード

パート3
1.ミックステープ・ゲームの強制終了
2.ゲームの再起動とフリーダウンロード
3.ヒット・シングルを生み出すミックステープ
4.ミックステープの当たり年
5.変化するフリーダウンロードへの認識
6.ストリーミングで変わるミックステープの位置付け

おわりに

あとがき/出典一覧/索引
著者について

小林雅明(こばやし・まさあき)
群馬県生まれ、早稲田大学第一文学部卒業。主に映画、ヒップホップを中心としたブラック・ミュージック全般の執筆/翻訳を手掛ける。著書に『誰がラッパーを殺したのか?―ドラッグ、マネー&ドリームス』(扶桑社:1997年)、訳書に『ラップ・イヤー・ブック』(シェイ・セラーノ/DUブックス:2017年)、『ロスト・ハイウェイ(扶桑社ミステリー)』(デイヴィッド・リンチ/扶桑社:1997年)、『GODZILLA』(H.B. ギルモア/集英社:1998年)、『ローリン・ヒル物語』(マーク・シャピロ/扶桑社:1999年)『トリック・ベイビー 罠』(アイスバーグ・スリム/スペースシャワーネットワーク:2009年)、監訳書に『チェック・ザ・テクニーク ヒップホップ名盤ライナーノーツ集』(ブライアン・コールマン/小社刊:2009年)、など。
登録情報

仕様
224ページ
寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm

ご来店お待ちしております!


ディスクユニオン大阪店からのお知らせ



















大阪クラシック館からのお知らせ


大阪店MAP



◆ディスクユニオン大阪店
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)  TEL 06-6949-9219
買取専用ダイヤル : 0120-946-300
(携帯電話からは 06-6949-9217)
e-mail : dok@diskunion.co.jp
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ1F
○最寄駅:
・阪急「梅田」駅 徒歩約6分
・JR「大阪」駅・阪神「梅田」駅 徒歩約8分
・地下鉄谷町線「中崎町」駅 徒歩約2分
・地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩約6分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩約6分

駐車場
・自転車でご来店のお客様は都島通り沿いの駐輪場をご利用ください。 新品

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- CD・レコードの販売・買取|店舗情報|ディスクユニオン大阪店 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /