ディスクユニオン大阪店は11月で2周年を迎えました。日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
11月から年末、年始までさらに魅力的な商品を連日提供してまいります。ご期待ください。

【新品CD/LP】スイスの若きピアノ・トリオが唯一遺した63年自主制作アルバムがまさかの初リイシュー!

 

●RED BAHNIK / Goes To Santander / SONORAMA / GER / SONORAMAC93 / CD /  2,592円(税込)
●RED BAHNIK / Goes To Santander / SONORAMA / GER / SONOL93 / LP /  3,132円(税込)

スイスの若きピアノ・トリオが唯一遺した63年自主制作アルバムがまさかの初リイシュー!
現存する盤はごくわずか、マニアの間で高値で取引される超レア盤!
新鮮な感性が音にみなぎる欧州モダン・ジャズの秘宝的傑作が復活です!

◆弱冠23歳のピアノニストRed Bahnikが、22歳のドラマーMani Neumeier、19歳のベーシストJohn Treichlerと1962年2月に結成したのがこのピアノ・トリオ。RedとManiは1960年からいくつかのコンボで一緒に演奏していた仲で、Johnとは1961年にチューリッヒのジャズ・フェスで行われたセッションを通じて出会った。同年代であり、ジャズに対して同じような感性を持っているということで意気投合、トリオ結成にいたった。1962年8月にはスペインのサンタンデール(Redの母親の故郷)に3人で演奏旅行に出掛け、その3週間にわたる地元のジャズ・クラブへの出演やTete Montoliuといったスペインの大物ジャズ・ミュージシャンとのジャムを通じてトリオ・アルバム制作のアイデアを練り上げていった。
◆本作は自主レーベルSoulsideから1963年に出された彼らの最初で最後のアルバムだ。大胆にアレンジしたLes McCannの「Vacushna」と「Fish This Week」、ホレス・シルヴァー「Sister Sadie」といったカヴァーから、「Fata Morgana」や「Santander」といった意欲的なオリジナルまで全7曲。今回の再発に際し新たにリマスタリングが施され、海辺で戯れる彼らの姿がほほえましいオリジナルLPジャケットはそのままで復刻。オリジナル盤の入手が非常に困難なレア盤が念願の初リイシューです! 

ディスクユニオン大阪店からのお知らせ

大阪店MAP

大阪店MAP

◆ディスクユニオン大阪店
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00) 年中無休
TEL 06-6949-9219
買取専用ダイヤル : 0120-946-300
(携帯電話からは 06-6949-9217)
e-mail : dok@diskunion.co.jp
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ1F
○最寄駅:
・地下鉄「梅田」駅・阪急「梅田」駅 徒歩約6分
・JR「大阪」駅・阪神「梅田」駅 徒歩約8分
・地下鉄谷町線「中崎町」駅 徒歩約2分
・地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩約6分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩約6分

駐車場
・自転車でご来店のお客様は都島通り沿いの駐輪場をご利用ください。 新品

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- ディスクユニオン大阪店 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /