ディスクユニオン大阪店は11月で2周年を迎えました。日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
11月から年末、年始までさらに魅力的な商品を連日提供してまいります。ご期待ください。

10/31(火)【新品ワールドCD】エルメート・パスコアルが1976年に残していた未発表スタジオ・セッション&Vis-A-Vis DJsによるアフロ/トロピカル・ミュージックMIX CDシリーズの第1弾が入荷!

■HERMETO PASCOAL エルメート・パスコアル
 / VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION)

 

【CD/ 全宇宙驚愕!!1976年未発表音源がリリース!】
CD 1,944円(税込)

全宇宙驚愕!! エルメート・パスコアルが1976年に残していた未発表スタジオ・セッションがCD化! 

ブラジルを代表する作編曲家/マルチ・インストゥルメンタル奏者エルメート・パスコアル。2017年の年始には久々の来日を果たし、圧倒的なパフォーマンスを披露したかと思えば、この夏にはエルメート・グループ名義として実に15年ぶりとなる全18曲二枚組みにも及ぶ新作を発表。衰えるどころかますますその才気を漲らせている印象すらあるが、そんなエルメートの未発表音源リリースというトンデモナイ知らせが飛び込んできた。リリースするのはUKのファーアウト・レコーディングス。アジムスの復活やアルトゥール・ヴェロカイのカムバック作などをリリースし、にわかに今もっとも注目すべきブラジル音楽レーベルのひとつとなりつつある。この未発表音源は、そんなファーアウトの記念すべき200タイトル目のリリース。まさに満を持してのリリースとなる。

さて気になる内容だが、マイルス・デイヴィスの『LIVE EVIL』に参加&曲提供、1974年には名作『A MUSICA LIVRE DE HERMETO PASCOAL』をリリースした後の1976年、トロピカリアの仕掛け人としても知られる名作編曲家ホジェーリオ・ドゥプラが所有していたサンパウロのヴァイス・ヴェルサ・スタジオにて行ったという2日間のセッションを収めたものである。当時すでに独自の音楽性を確立していたエルメートではあるが、今よりもその音楽はさらに混沌としていた時期であり、80年代に入るとイチベレなど自身のパーマネントなグループを結成し「BEBE」に並ぶ美しいメロディの楽曲群「SAO JOAO」「MUSICA DAS NUVENS E DO CHAO」といった今日に至るまでカバーされ続ける名曲を世に送り出すなど、より多彩な音楽性を花開かせようとしていた時期でもある。本作で行われた何時間にも渡る濃密なノンストップ・セッションが、構築するこれまでの作曲術ではなく、より有機的かつ即興的に音を作っていくエルメート特有の作曲に大きな影響を与えたのだと言う。

レコーディング・メンバーも興味深い。日本でも高い人気を誇るトニーニョ・オルタや「ブラジルのウェイン・ショーター」ことニヴァルド・オルネラスをはじめ、実験的な作品を多数残しブラジルのインスト音楽の歴史を変えたといわれるグルーポ・ウンの二人レロ・ナザリオとエドゥアルド・ナザリオ、エルメートのプロデュースで名作『OFERENDA』をリリースしているアレウーダといった多士済々が集結し録音。その録音テープはミックスダウンが終わった後、レロ・ナザリオの手に渡り消失していたかと思われていたが、レロのスタジオ・アーカイブになんと40年間以上も眠っていたのが発見され、このたびリリースに至ったというわけである。

内容については、語る必要もないだろう。エルメートが最も実験性に満ちたエキセントリック極まる時期でありながら、それに応える当時のトップ・ミュージシャンの技術とアイデアに満ちた熱量溢れる演奏にはとにかく圧倒される。ブラジル音楽の黄金期ともいえる70年代だが、軍政だったこともあり多くの音楽家が自身の音楽性を追求するのが難しかったのもまた事実。先述したとおりエルメートですらある種の型にまだ捉われている部分もあり、80年代にかけてそのオリジナリティをさらに発揮していくわけだが、本作で聴ける演奏はそんなエルメートの分岐点となった革命的なセッションなのである。

本作がここ10年におけるブラジル音楽、いやポピュラー・ミュージック史における最大の発見であることには間違いないだろう。こんなにもリリースが待ちきれないという気持ちは久しぶりである。

Credits:
Hermeto Pascoal : Electric Piano, Flute, Voice
Lelo Nazario : Electric Piano
Nivaldo Ornelas : Tenor Sax, Flute
Mauro Senise : Saxophones, Flute
Raul Mascarenhas : Saxophones, Flute
Toninho Horta : Guitar
Zeca Assumpção : Bass
Zé Eduardo Nazario :
Drums, Percussion, Voice, Bamboo Harmonic Flute solo on "Natal"
Aleuda Chaves : Vocals

Produced by Hermeto Pascoal
Recorded at Vice-Versa Studio, São Paulo
Engineered by Renato Viola
Mixed by Hermeto Pascoal, Lelo Nazario, Zé Eduardo
Mastered by Pete Norman at Finyl Tweek





■KEISUKE YAMAZOE (VIS-A-VIS DJS) ケイスケ・ヤマゾエ(ビザー・ディージェイズ) / AFRO FUNK SHOWCASE VOL.1

 

【MIX-CDR】
CD-R 1,200円(税込)

Vis-A-Vis(ビザビー)DJsによるアフロ/トロピカル・ミュージックMIX CDシリーズの第1弾となる本作は、アフレックス・コンボ名義でトラックメイカー/プロデューサーとしても活動するケイスケ・ヤマゾエによるアフロ版ディープ・ファンク~レアグルーヴ・ミックス。すべてアフロ45の音源からのセレクトです。 あのジョニー・ハーストラップが在籍していたクラスターズ・インターナショナルのオルガン・サイケ・ファンクを皮切りに、サックスがブロウするサントロフィ=アンサの「幻」とも言われるアフロ・ジャズ・ファンク、ハイライフ・マスター=バースティック・キングスレー・バッシー率いるアナンサ・プロフェッショナルズの初期アフロビート。そしてブルキナファソからは聖杯として名高いアフロ・ソウル・システムや先頃惜しくも他界したナイジェリアのアフロ・ソウル~ファンクのアイコン、セグン・バックナーなどなど、オブスキュアな7インチがひしめくアフリカのレコードの中にあってもレアレスト・レアで超絶にディープ&サイケデリックなアフロ45をこれでもかと収録。その他にもいまだリイシューされていないトラックを多数含む全16曲の内容。アフリカン・ミュージックの底なしの世界に震える一枚。未知なる世界へようこそ。

【VIS-A-VIS DJs of JAPAN】 
ケイスケ・ヤマゾエ(AFLEX COMBO)、DJ DON、ヒデ・モリモト(SOUL BONANZA)からなるアフロ~トロピカル・ミュージックDJのコレクティヴ。

【ケイスケ・ヤマゾエ aka アフレックス・コンボ】 
長崎在住のDJ/プロデューサー。2002年ドイツのパーフェクト・トイ・レコーズよりアフレックス・コンボ(AFLEX COMBO)名義でデビュー。日本では小林径氏主宰のルーティン・レコーズよりアルバム2008年『THE SOUND OF FEELING』をリリース。自身のDJスタイルでもあるジャズ、ファンク、ラテン、アフロからのサンプリングを多用したジャズ・ブレイクスはジャイスル・ピーターソンらも絶賛、「WORLDWIDE」でもプレイされた。2017年には自身初となる7インチのニュー・シングルのリリースを予定している。







本日もご来店お待ちしております!

ディスクユニオン大阪店からのお知らせ

大阪店MAP

大阪店MAP

◆ディスクユニオン大阪店
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00) 年中無休
TEL 06-6949-9219
買取専用ダイヤル : 0120-946-300
(携帯電話からは 06-6949-9217)
e-mail : dok@diskunion.co.jp
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ1F
○最寄駅:
・地下鉄「梅田」駅・阪急「梅田」駅 徒歩約6分
・JR「大阪」駅・阪神「梅田」駅 徒歩約8分
・地下鉄谷町線「中崎町」駅 徒歩約2分
・地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩約6分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩約6分

駐車場
・自転車でご来店のお客様は都島通り沿いの駐輪場をご利用ください。 新品

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- ディスクユニオン大阪店 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /