ディスクユニオン大阪店は11月で2周年を迎えました。日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
11月から年末、年始までさらに魅力的な商品を連日提供してまいります。ご期待ください。

9/1(金)【新品メタルCD情報】エピカ&パラダイス・ロスト入荷しました!!

PARADISE LOST / パラダイス・ロスト / MEDUSA / メデューサ

パラダイス・ロスト/メデューサ
 ■2,700円(税込)

◎1988年にイギリスのハリファックスで結成。アナセマ、マイ・ダイイング・ブライドとの“英国デス・ドゥーム三羽鴉”として注目を集めた彼らは耽美的なゴシック・メタル・サウンドを確立。その後、プログレッシヴなアプローチで脱メタルを図ったこともあったが、近作ではダークでヘヴィな側面を取り戻してきた。 原点回帰を果たした彼らがそのデス・ドゥーム路線をさらに深化させていくのが『メデューサ』だ。

ギリシャ神話の蛇髪の妖女メデューサをタイトルに冠した本作。彼女の目を見ると人間は石と化すといわれるが、ヴォーカリストのニック・ホルムズは「メデューサの眼を覗き込むことは、この世界が無意味であるという現実と直面すること」と語っている。

そんなダークな美学で彩られた本作のサウンドについて、ニックは「あえて比較するならば『シェイズ・オブ・ゴッド』(1992)に近い」と主張する。彼のグラウル・ヴォイスとグレッグ・マッキントッシュの地べたを這うような重低音ギターは、初期からのファンを過去へといざなっていく。

ただ本作は単に過去にベクトルを向けたものではなく、30年近い音楽のオデッセイの集大成でもある。「フィアレス・スカイ」は幽閉されたゴシック世界から解き放たれたスケール感を持つナンバーだし、先行リーダー・トラックとして公開された「ブラッド・アンド・ケイオス」や「フロム・ザ・ギャロウズ」は漆黒に色塗られながらも躍動感に満ちている。

バンド結成以来、ニックとグレッグのチームに加えてアーロン・エイディ(ギター)、スティーヴ・エドモンドソン(ベース)という不動の4人を軸に活動。呼吸の合ったトータル・サウンドを提示しているのに加えて、本作ではワルテリ・ヴァイリネンが新加入。23歳の新ドラマーの新しい血を取り入れながら、鮮度の高いサウンドで絶望の淵へと追い込む。

アルバムのプロデュースは前作に続いてハイメ・ゴメス・アレラーノを起用。カテドラル、ゴースト、チュリサスなど個性派メタル・アーティストの数々を手がけてきた彼の手腕を得て、さらに鮮明に綴られることになる。

エクストリーム系新鋭デザイナー、ブランカ・スタジオをジャケット・アートに起用、また新世代ドゥーム・メタルの雄ポールベアラーをツアー・サポートに迎えるなど、新たな時代に向かっていくパラダイス・ロストが2017年、我々を『メデューサ』という名の闇に導いていく。

【メンバー】
ニック・ホルムズ(ヴォーカル)
グレッグ・マッキントッシュ(リード/リズムギター)
アーロン・エイディ(リズムギター)
スティーヴ・エドモンドソン(ベース)
ワルテリ・ヴァイリネン(ドラムス)









EPICA / エピカ / THE SOLACE SYSTEM / ザ・ソレス・システム

エピカ/ザ・ソレス・システム
■1,620円(税込)

◎2017年4月に初来日公演を大成功に収めたシンフォニック・ゴシックメタル・バンド、エピカの6曲入りEP『ザ・ソレス・システム』発売決定!
アルバム『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』に収まりきらなかった未発表曲を収録!
【歌詞対訳付き/日本語解説書封入】

シモーネ・シモンズ率いるオランダのシンフォニック/ゴシック・メタル・バンド、エピカ。昨年9月にリリースされた『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』は、混声合唱隊やオーケストラだけでなく、シタールやバラライカといった民族楽器もふんだんにフィーチャされた、シンフォニックかつプログレッシヴな傑作として大きな反響を呼んだ。今年4月には初の来日公演が行われ、超満員札止めとなったのも記憶に新しい。

そんな彼女たちが早くもニューEP『ザ・ソレス・システム』をひっさげ帰ってきた。と言ってもこれ、新たに録音されたものではない。『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』に収録しきれなかった、しかしお蔵入りにするにはクオリティが高すぎる6曲。これらがEPという形で、ファンの耳に届けられることになったのだ。それにしても『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』は、12曲入り72分(日本盤は13曲入り75分)という、言うなればかなり長いアルバムであった。にもかかわらず、さらにこれほどの高品質である楽曲が、しかも6曲も眠っていたとは。マーク・ヤンセンは、その理由についてこう語る。「同じことを繰り返したくないのであれば、常にチャレンジを続けることを忘れてはいけない。『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』も、その精神ですべてを捧げた結果、素晴らしい仕上がりになった。アルバム制作上書かれたすべての曲が、非常に高いクオリティを持っていた。ところが残念ながら、それらの曲すべてを収録することはできなかったのさ。CDには76分という収録の制限があるからね。かと言って、ダブル・アルバムという形態は個人的に好きではないんだ。」

『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』を聴かれた方なら、『ザ・ソレス・システム』がどのようなクオリティの作品であるのか、簡単に想像がつくだろう。EPを再生したとたん、大合唱にフルオーケストラが飛び出し、『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』の興奮がまざまざとよみがえる。特筆すべきは「イモータル・メランコリー」だろう。3分の小曲ながら、ギターをバックにシモーネが切々と歌い上げる美しすぎるバラード。こういう曲でこそ、シモーネの歌唱力、歌手としての魅力が存分に発揮されるというもの。あらゆるタイプの曲を演奏してきたエピカだが、実はギター・バラードというのはこの曲が初なのだ。(ちなみにこの曲は、日本盤『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』にて既発。)

『ザ・ソレス・システム』の楽曲は「新たに録音されたものではない」とはいえ、6曲中5曲が完全未発表曲。これらは、『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』のコンセプトからははずれる、あるいはアルバムの流れにどうしてもフィットしない、などの理由によりアルバム未収録を決断されたもの。すなわちクオリティ的には、『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』収録曲に一切遜色のないものばかり。さらに『ザ・ソラス・システム』は、EPとはいえ30分の長さ。つまりこれ、限りなくエピカのニュー・アルバムに近いEPなのであり、2年連続でエピカの新作が聴けるようなもの。エピカ・ファンはもちろん、エピカを聴いてみたいと思っているエピカ未体験の方への入門編としてもお薦めできるEPだ。


【メンバー】
シモーネ・シモンズ(ヴォーカル)
アイザック・デラハイ(ギター)
マーク・ヤンセン(ギター)
コーエン・ヤンセン(キーボード)
アリエン・ファン・ウィーゼンビーク(ドラムス)
ロブ・ファン・デル・ルー(ベース)


ご来店お待ちしております!

ディスクユニオン大阪店からのお知らせ

大阪店MAP

大阪店MAP

◆ディスクユニオン大阪店
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00) 年中無休
TEL 06-6949-9219
買取専用ダイヤル : 0120-946-300
(携帯電話からは 06-6949-9217)
e-mail : dok@diskunion.co.jp
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ1F
○最寄駅:
・地下鉄「梅田」駅・阪急「梅田」駅 徒歩約6分
・JR「大阪」駅・阪神「梅田」駅 徒歩約8分
・地下鉄谷町線「中崎町」駅 徒歩約2分
・地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩約6分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩約6分

駐車場
・自転車でご来店のお客様は都島通り沿いの駐輪場をご利用ください。 新品

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- ディスクユニオン大阪店 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /