カテゴリー「新品ジャズ/ソウル/ブルース/ラテン/ワールド」の記事一覧

11/21(水)【新品ワールド】TIM MAIA、「WHAT YOU WANT TO BET / THESE ARE THE SONGS」が入荷いたしました!!

ブラジリアン・ソウルの帝王、チン・マイアの激レア1stシングルが奇跡の復刻!



WHAT YOU WANT TO BET / THESE ARE THE SONGS
TIM MAIA / チン・マイア

【7"(レコード)】■1,836円(税込) 
7119691255576

奇跡! ブラジリアン・ソウルの帝王としていまだに絶大な人気を誇るチン・マイアが残した幻の 1ST シングルが UK MR.BONGO よりオフィシャル・リイシュー!

US音楽シーンに憧れを抱き渡米したチン・マイア。本作はUSから帰国した直後の1968年にリリースされたチン・マイアの1STシングルである。歌詞はすべて英語、1960年代のUSブラック・ミュージック・シーンにダイレクトに影響されたであろうソウルフルかつ艶やかな歌声、華やかなコーラスワークなどなど、USの熱狂をそのままブラジルに持ち込んだブラジル産ノーザンソウルとでも言うべき奇跡の内容に仕上がっている。

カリスマ的な人気を誇るチン・マイアの1STシングルということもあり、オリジナル盤はほとんど市場に出回ることがなく、ジャケットがない状態でも100USD以上の価格で取引される逸品。今回の復刻はオリジナルのジャケットもつけての復刻ということで、ブラジル音楽ファンのみならず世界中のレコード・ファンにとって待望と言えるだろう。

ソングリスト

  • 1 What You Want To Bet
  • 2 These Are The Songs

ご来店お待ちしております!!

11/21(水)【新品REGGAE】BROWN SUGAR、「I'M IN LOVE WITH A DREADLOCKS: BROWN SUGAR AND THE BIRTH OF LOVERS ROCK 1977-80」が入荷いたしました!!

あのKOFIも在籍した女性ラバーズロック・グループBROWN SUGARの貴重音源を集めたコンピレーション



I'M IN LOVE WITH A DREADLOCKS: BROWN SUGAR AND THE BIRTH OF LOVERS ROCK 1977-80

BROWN SUGAR

【レコード】■3,240円(税込)
5026328004204

英国SOUL JAZZ RECORDSからLOUISA MARK、15-16-17と並ぶラバーズロックの決定盤がリリース。今回リリースされるのはあのKOFIも在籍した女性ラバーズロック・グループBROWN SUGARの貴重音源を集めたコンピレーション。DENNIS BOVELLに見出されUKラバーズの土台を作った彼女らですが、シングルでのリリースが多い為まとまって聴けるアルバムが無くその知名度はARIWA勢に劣っていましたが遂に脚光を浴びる時がやってきました!ヒット曲から、レア盤まで歌声にとろけること無しのベスト盤。ASUKA ANDO好きからFREE SOULファンまでマストの内容です!

ソングリスト

  • 01 Black Pride
  • 02 Our Reggae Music
  • 03 Hello Stranger
  • 04 I'm In Love With A Dreadlocks
  • 05 Hurtin' (Denis Bovell & Brown Sugar)
  • 06 I'm So Proud
  • 07 Run Away Love
  • 08 Dreaming Of Zion
  • 09 Loving Dreadlocks Dub
  • 10 You and Your Smiling Face
  • 11 Do You Really Love Me
  • 12 Proud
  • 13 Confession Hurts

ご来店お待ちしております!!

RSD BLACK FRIDAY JAZZ

●ERIC DOLPHY / MUSICAL PROPHET: THE EXPANDED 1963 NEW YORK STUDIO SESSIONS(3LP) 輸入LP 12,420円(税込) (RESONANCE RECORDS / HLP9035 / 0096802280481)
※3LP / 180g重量盤 / 手書きシリアルナンバー入り予定 / 完全限定盤

マスタリング・エン ジニア= バーニー・ グランドマン / RTI今なお前人未到ともいえる革新的なアーティスト、エリック・ドルフィー

ミンガスとの欧州楽旅出発前、ドルフィーが友人に託した7時間半もの音源を発掘/ 作品化
『Out to Lunch』の前哨戦的意味付けもある63年の演奏の数々

『Out to Lunch』の6日後の15 分に及ぶ超貴重音源を含む衝撃のリリース!!

■ 完全未発表音源を多数収録した63年ドルフィーの正にベスト・オブ・ベスト!!
■ オリジナルLP等で発表された音源も、今回の作品ではエリック・ドルフィー自身が所蔵していた別テープを使用し、マスタリングして作品化!

★ジャズ史において、もっとも革新的な演奏家の一人としてその名を刻むマルチ・リード奏者、エリック・ドルフィー。2013年の『ミューゼス』以来、またワールド・ワイドな発表としては1999年にリリースされた『イリノイ・コンサート』以来、19年ぶりの未発表音源が、Resonanceから登場します!

★本音源は、1964年に、チャールズ・ミンガスとの演奏のために、エリック・ドルフィーがヨーロッパに発つ前に、親しい友人夫妻(Hale and Juanita Smith) に託して行ったスーツケースの中に収蔵されていたもの。ドルフィーがベルリンで客死してしまったため、のちにスーツケースを開いたところ、実に7時間半にも及ぶ音源のテープを発見。そのテープは80年代にジェームズ・ニュートンの手に渡り、一部の音源が、異色の未発表音楽集『Other Aspects』としてブルーノートでリリースされましたが、本作はその音源の中の推測5,6時間あったとされる63年のアラン・ダグラスのセッションを中心に作品化しています。

★アラン・ダグラスがプロデュースしたドルフィー1963年7月のレコーディングは、まずFM Records から『Conversations』という名のアルバムで4曲がリリースされ、後にダグラス自身のレーベルDouglas から『Iron Man』というタイトルの5曲入りアルバムもリリース。それらは、ジャズ史上の永遠の名作『Out to Lunch』(64年2月25日録音) とスタイル的に共通項も多く、歴史的に前哨戦的な意味も持つと言われている貴重音源。つまり、未発表を加えたこのリリースは、63年時点のドルフィーを語るものであるのはもちろんのこと、名作『Out to Lunch』制作の秘密を解き明かす意味を持っているといっても過言ではありません。

★作品を手がけたゼヴ・フェルドマンによれば、7時間半の記録は二つとして同じものがなく、テンポやフレーズなど、全てが違い、エリック・ドルフィーの入念な試みが見られたとのこと。今回は、その全てを、ジェームズ・ニュートンとともに聴きこみ、究極のテイクを選んだ末のセレクションといいます。

★今なお、前人未踏ともいえるほどの自由な音楽を聴かせると共に、緻密さも持っていたエリック・ドルフィー。『Out to Lunch』において、ドルフィーは綿密な構想を描き、リハーサルを重ねて、スタジオに入ったとも語られていますが、この新たな発見からは、究極の表現を追究する姿が生々しく蘇ります。ウディ・ショウやプリンス・ラシャ、ソニー・シモンズなどの加わった管のアンサンブルと、ボビー・ハッチャーソンの鋭角的なヴィブラフォンの響きに、縦横無尽で、軽やかに跳躍するように大きな振り幅をもって繰り出されるドルフィーのソロ、また、他各人のソロも聴きものです。加えてリチャード・デイヴィスとのデュオもたっぷり収録。2人の親密かつディープな会話があります。

★また、Disc2のラストには、『Other Aspects』収録の「Jim Crow : A Personal Statement」の未発表別テイクも特別収録。本音源は、アラン・ダグラスのセッションとは関係がないものですが、同じスーツケースに入っていた貴重音源としてボーナス・トラックとして収録。音源は正しくは64年3月に録音されたと判明。つまり、『Out to Lunch』の直後の録音。このテイクには時代に先行したシリアスな前衛的音楽が展開されています。

★どこまでも自由で創造的であったドルフィーの音楽的探求の歴史が明らかになる歴史的復刻。Resonance も最重要の作品ととらえ、今回も24本の文章、未発表写真なども収めた豪華パッケージで登場します。

メンバー:
Eric Dolphy(as, fl, b-cl), William “Prince” Lasha(fl),
Huey “Sonny” Simmons(as), Clifford Jordan(ss), Woody Shaw(tp),
Garvin Bushell(bassoon), Bobby Hutcherson(vib), Richard Davis(b),
Eddie Kahn(b), J.C. Moses(ds), Charles Moffett(ds)
Recorded on July 1 & 3, 1963 at Music Maker’s Studios in New York City.
*Bonus Track: “A Personal Statement” is a
Bob James composition that was recorded at WUOM studios in Ann Arbor,
MI on March 2, 1964 with Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute),
Bob James (piano), Ron Brooks (bass), Robert Pozar (percussion) and
David Schwartz (vocals).




●CANNONBALL ADDERLEY / SWINGIN' IN SEATTLE: LIVE AT THE PENTHOUSE 1966-1967(2LP/180G) 輸入LP 7,560円(税込) (REEL TO REAL / RTRLP001 / 0875531015102)
※2LP / 180g / 全世界2,000セット 完全限定

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!

シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”でのライヴ・パフォーマンス

“Sticks”他、この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!

●弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966年6月と1967年10月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。

●演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitolからリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。また、67年のパフォーマンスは、6~7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。

●演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy,Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。

●66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。

≪注目レーベル登場≫
*今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作。
*ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Julian ‘Cannonball’ Adderley(as), Nat Adderley(corn),
Joe Zawinul(p), Victor Gaskin(b), Roy McCurdy(ds)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle,
WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967.




●ETTA JONES / A SOULFUL SUNDAY:LIVE AT THE LEFT BANK(LP/180G) 輸入LP 4,104円(税込) (REEL TO REAL / RTRLP002 / 0875531015126)
※LP / 180g / 全世界1,000セット 完全限定

≪ブルージー&スウィンギー・ヴォーカル!!≫
エタ・ジョーンズ、1972年ボルティモアのジャズ・クラブでの一夜
シダー・ウォルトン・トリオの名バッキングを得た魅力的な歌唱!!

●1928年にサウス・キャロライナ州で生まれ、40年代から数多くのビッグ・バンドで歌ってきたエタ・ジョーンズは、独立してしばらく経った1960年にPrestigeへ録音した『Don’t Go To Strangers』(フランク・ウェスやリチャード・ワイアンズなどが参加)で大きな注目を浴びました。その後は63 年までPrestige にオリヴァー・ネルソンからラリー・ヤング、ケニー・バレルなどを従えた秀作を録音していますが、65年にRoulette へ『Etta Jones Sings』を残した後はしばらくレコーディングから遠ざかってしまいました。

●シダー・ウォルトンのライヴ盤『Three Sundays In The Seventies:“Live” At The Left Bank』(Label M Records)に1972年の彼女の歌が2曲収録され、久しぶりにその力強い歌声を楽しめましたが、翌73年にヒューストン・パーソンやジーン・アモンズと共演した録音がきっかけとなって本格的なカムバックへと進み、76 年からMuse に次々と傑作を残していきました。

●今回発掘されたのは、1972年2月27日にボルティモアのクラブでのライヴ・レコーディング。つまりは上に記したシダー・ウォルトン・トリオとのセッションで、Roulette盤以来久方ぶりの歌声をきくことができるわけですが、収録されている10曲のうち「Don’t Go To Strangers」と「Blow Top Blues」はLabel M Records盤で聴けたパフォーマンス。残る8曲が初めて聴く演奏ということになりますが、冒頭の「Theme from “Love Story”」はシダー・ウォルトン・トリオだけの演奏で、エタは参加していません。サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズを従えたシダーのトリオは、他にも名録音をたくさん残していますが、ここでもこのトリオならではのスウィンギーなプレイで聴衆を沸かせています。

●文句のつけようのない名トリオのバッキングを得たエタも、軽やかにスウィングし、バラードをしっとりと歌っています。

≪注目レーベル登場≫
* 今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Liveのコリー・ウィーズによる共同制作。
* ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Etta Jones(vo), Cedar Walton(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(ds)
Recorded live at the Famous Ballroom in Baltimore,
MD on February 27, 1972. Presented by the Left Bank Jazz Society.




●DEXTER GORDON / LIVE AT THE PLAYBOY JAZZ FESTIVAL(LP) 輸入LP 3,996円(税込) (RUN OUT GROOVE / 063P / 0081227924065)
※LP

数々の名演・名盤を残す巨匠Dexter Gordonの1982年6月20日ハリウッド・ボウルで行われたPlayboy Jazz Festivalの模様を収録した作品がリリース決定!

ピアノにはKirk Lightsey、トランペットにWoody Shawも参加、"Bag's Groove"と"Blues"は完全未発表音源となっており、この2曲にはなんとジャズ・ヴィブラフォンの巨匠Milt Jacksonがゲスト参加したファン聴き逃せない貴重音源となっております。また、"Fried Bananas"と "You've Changed"の音源に関して未編集コンプリート版で収録。

巨匠Dexter Gordonを追ってこられた方は素通りできないリリースなのではないでしょうか。

■Bass – David Eubanks
Drums – Eddie Gladden
Piano – Kirk Lightsey
Tenor Saxophone – Dexter Gordon
Trumpet – Woody Shaw
Vibraphone – Milt Jackson (tracks: A3, B2)
Vocals – OC Smith (tracks: B2)




●ELLA FITZGERALD / ELLA AT THE SHRINE(LP/45RPM) 輸入LP 3,996円(税込) (VERVE / B002904701 / 0602567969570)
※LP / 45RPM / Yellow vinyl

"Ella at Zardi's"の10日前に演奏された音源が新たに発見、Record Store day Blackflyday2018で世界限定リリース!!

ヴァーヴからのデビュー・アルバム『Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Song Book』の録音の5日前のライブがRecord Store day2018でリリースされた"Ella at Zardi's"でしたが今回はそれよりも前の貴重な音源となります。

45回転イエローヴァイナルという嬉しい仕様。

※ジャケットは仮となります。予めご了承ください。




●V.A.(JAZZ DISPENSARY) / JAZZ DISPENSARY: PURPLE FUNK, VOL. II(LP) 輸入LP 4,536円(税込) (CRAFT RECORDINGS / CR00143 / 0888072073999)
※LP

腰にズシンとくるファンクネスに揺れ系エフェクトの効いたオブリークなグルーヴ・・・踊りださずにはいられないヘヴィーなジャズ・ファンクを新たなリマスターでガッツリ収録!盤面のカラーはパープル・コットンキャンディ。

サイケデリックなマーブル・アートワークはEllierex名義で活動をする画家Danielle Garzaによるもの。(彼女のInstagramには作品が多数掲載されています。気になった方は是非検索を!)




●JOHN COLTRANE / BLUE TRAIN(LP) 輸入LP 3,888円(税込) (BLUE NOTE / 6795205 / 0602567952053)
※LP

コルトレーンのBlue Note唯一作の名盤『Blue Train』の180g重量盤グリーン・ヴァイナルが登場。






●JOHN COLTRANE / SELECTS FROM BOTH DIRECTIONS AT ONCE(12") 輸入12" 3,240円(税込) (VERVE / B002898711 / 0602567934516)
※12"

2018年ジャズ最大のリリースといえるジョン・コルトレーンの未発表スタジオ録音作「Both Directions at Once: The Lost Album」から選ばれた楽曲2曲が限定12inchでリリース決定。
オレンジ・ヴァイナルに三角形ダイカットされた特別仕様が目を惹く1枚。「Both Directions at Once: The Lost Album」を聴いた方もこれから聴く方にもオススメしたいコレクタブルなリリースです。

※ジャケット画像は仮となります。予めご了承ください。




●SUN RA (SUN RA ARKESTRA) / CRYSTAL SPEARS(LP) 輸入LP 3,456円(税込) (MODERN HARMONIC / MH8082 / 0090771808219)
※LP

名門impulse!、サン・ラの自主レーベルSaturnからリリース予定されるもお蔵入りとなった幻の作品"Crystal Spears "が遂にリリース決定!

音源は1973年に録音、1975年にはあの名門impulse!からカタログ番号#AS-9297でリリース予定でしたが発表されず、その後サン・ラの自主レーベルSaturnからも#562のカタログ番号を割り振られながらもそちらもお蔵入りとなってしまった幻の作品。過去にはアンオフィシャルでリリースされたこともあるようですが、今回遂に正規リリースとなりました。

歪んだシンセサイザーやチープなオルガン、マリンバの儚い響きに乱れるパーカッション・・・もちろん、サン・ラ節の効いたテーマも登場し、どこか知らない惑星の風景を俯瞰して眺めているような、ワン&オンリーな音世界が広がる強力な1作。録音のせいなのか、かっちりとした演奏には聴こえなく、全体を貫く独特な"ユルさ"がたまりません!!

コアなサン・ラ・ファンだけではなく、アンビエントやLAFMSなどのアヴァンギャルドな音楽が好きな方にもオススメです。




●SUN RA (SUN RA ARKESTRA) / CRYSTAL SPEARS 輸入CD 2,160円(税込) (MODERN HARMONIC / MHCD082 / 0090771808226)
※ペーパースリーブ

名門impulse!、サン・ラの自主レーベルSaturnからリリース予定されるもお蔵入りとなった幻の作品"Crystal Spears "が遂にリリース決定!

音源は1973年に録音、1975年にはあの名門impulse!からカタログ番号#AS-9297でリリース予定でしたが発表されず、その後サン・ラの自主レーベルSaturnからも#562のカタログ番号を割り振られながらもそちらもお蔵入りとなってしまった幻の作品。過去にはアンオフィシャルでリリースされたこともあるようですが、今回遂に正規リリースとなりました。

歪んだシンセサイザーやチープなオルガン、マリンバの儚い響きに乱れるパーカッション・・・もちろん、サン・ラ節の効いたテーマも登場し、どこか知らない惑星の風景を俯瞰して眺めているような、ワン&オンリーな音世界が広がる強力な1作。録音のせいなのか、かっちりとした演奏には聴こえなく、全体を貫く独特な"ユルさ"がたまりません!!

コアなサン・ラ・ファンだけではなく、アンビエントやLAFMSなどのアヴァンギャルドな音楽が好きな方にもオススメです。




●DUKE ELLINGTON / DUKE ELLINGTON PLAYS WITH THE ORIGINAL MOTION PICTURE SCORE MARY POPPINS 輸入LP 3,240円(税込) (RHINO / 6141 / 0603497856206)
※LP

ジャズ・ジャイアンツ、デューク・エリントンが1964年のディズニーの人気ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の音楽を取り組んだ1作が約50年ぶりにアナログ盤でリイシュー。




●LAKE STREET DIVE / FREAK YOURSELF OUT(10") 輸入10" 2,376円(税込) (NONESUCH / 573459 / 0075597928037)
※10"

抜群のコーラスワーク、ジャジーでありながらポップでブルージーな音楽性が話題を呼ぶグループ、レイク・ストリート・ダイブの5曲入り新EPが限定リリース。




●HERBIE HANCOCK / FLOOD(2LP) 輸入LP 4,860円(税込) (GET ON DOWN / GET51294LP / 0664425129410)
※2LP

これを聴き逃すわけにはいかないでしょうというレベルの1975年来日公演の模様を収録した大名盤「Flood」がRECORD STORE DAY BLACK FRYDAY2018でリリース。

国内盤がオリジナルになり、実は輸入盤は2015年にリリースされたSpeakers Corner盤と本Get On Down盤というありそうでなかった作品でもあります。

マスト!!




●V.A. / A DAY IN THE LIFE: IMPRESSIONS OF PEPPER(2LP) 輸入LP 4,104円(税込) (VERVE / B002911501 / 0602577008795)
※2LP

音楽史上に残る名盤the Beatles "Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"ぼ楽曲をジャズ・ミュージシャンがカヴァー。

※ジャケット画像は仮となります。予めご了承ください。

11/13(火)【新品ソウル】 L.T.D.の名曲「Love To The World」のリミックスが12インチと7インチの2仕様でのリリース!

※こちらは7インチ仕様になります。

LOVE TO THE WORLD (KON'S BREAKDOWN MIX) (7")

L.T.D. エル・ティー・ディー

1,620円(税込) 2299990615782


 



※こちらは12インチ仕様になります。
 


LOVE TO THE WORLD (KON'S LOTS OF LOVE REMIX) (12")


L.T.D. エル・ティー・ディー

1,728円(税込) 2299990615783



 


商品詳細情報

GEORGE DUKE 「I Want You For Myself」のリミックス盤が好評を博したKONTEMPORARYより新作が登場! 今回ヒップホップやダンスミュージックシーンでも絶大な人気を誇る L.T.D.の名曲「Love To The World」のリミックスが12インチと7インチの2仕様でのリリースです。


ソングリスト

1 Love To The World (KON's Breakdown Mix)

  • 2 Love To The World (KON's Breakstrumental)

11/13(火)【新品ソウル】NILE RODGERS&CHIC『T'S ABOUT TIME 』が入荷!“ディスコ・ミュージック界の人間国宝”25年ぶりの新作のLP!



T'S ABOUT TIME (LP)
NILE RODGERS & CHIC
レコード
3,996円(税込)
0602567793519

商品詳細情報

“永遠のディスコ・マエストロ“遂に始動!

■2013年のダフト・パンク「ゲット・ラッキー」での共演を始め、サム・スミスやディスクロージャーなど、世代そしてジャンルを超えてリスペクトを受けるディスコ・ミュージックの帝王=ナイル・ロジャース。
■Virginと電撃契約を果たし、かつて自身が率いたグループ名を加えたナイル・ロジャース&シック名義でリリースする新作は、実に25年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバム! 
■アンダーソン・パーク&NAOが共同作曲、ムラ・マサ&ナイル・ロジャースが共同プロデュースという超強力メンバーによる“ナイル節全開!”な先行シングル、「ティル・ザ・ワールド・フォールス feat. ムラ・マサ、コーシャ、ヴィック・メンサ」、先日UKの人気TV番組「Later…with Jools Holland」で演奏した「ブギー・オール・ナイツ」他、収録!

■ゲスト参加アーティスト ◎ムラ・マサ ◎アンダーソン・パーク ◎NAO ◎ヴィック・メンサ ◎Cosha ◎ステフロン・ドン ◎クレイグ・デイヴィッド etc



ご来店おまちしております!


11/7(水)【新品ソウル】オハイオのファンク軍団ZAPPがおよそ15年ぶりの新アルバム『ZAPP VII: ROGER & FRIENDS』をリリース!



VII: ROGER & FRIENDS (LP)


ZAPP ザップ


    3,456円(税込)     4049774780547           


                               
           

    商品詳細情報

    ロジャー・トラウトマン率いるオハイオのファンク軍団ZAPPがおよそ15年ぶりの新アルバム『ZAPP VII: ROGER & FRIENDS』をリリース!

    限定リリースされたミニアルバムの『EVOLUTION』が2015年に入荷していましたが、フルアルバムとしては2003年の『ZAPP VI: BACK BY POPULAR DEMAND』以来となる新作アルバムが登場です! 元フロントマン、ロジャー・トラウトマンが遺した初期デモテープからのパフォーマンス音源を使用したり、ブーツィー・コリンズ、スヌープ・ドッグ、タキシード、フランキー・Jなど豪華ゲストを迎えた今年度を代表する注目盤です!

    故ロジャー・トラウトマン名義でありながら同バンドを代表するウルトラなソウル・クラシッックスでロジャー亡き今でもライヴでは定番中の定番となった「I WANT YOU BE YOUR MAN」のPART2としても解釈出来るTR-7「Angel」はZAPP流儀の超キラキラしたメロウなトラックにトーク・ボックスが絡む最高の1曲です!

    ■こちらはLP仕様になります。
    ■CD仕様はこちら


    ソングリスト

    • 01 Rock Ya Body
    • 02 Shy
    • 03 Make It Funky
    • 04 Zapp & Roger
    • 05 Appreciate you
    • 06 Red & Dollars
    • 07 Angel
    • 08 Ms. Perfection
    • 09 Bailando
    • 10 Parking Lot
    • 11 Me And You
    • 12 After Party

    ご来店お待ちしております!

    11/6(火) 【新品ワールド】レアグルーヴ界における究極の激レア作、フランシスコ・アグアベージャの名盤から2曲が7インチで発売!!

     

    DESIRE/CASA FUERTE
    FRANCISCO AGUABELLA / フランシスコ・アグアベージャ

    【7"(レコード)】■2,160円(税込) 
    2299990616843

    英DYNAMITE CUTSによるシングル・カット・ワークス最新作!! レアグルーヴ界における究極の激レア作 FRANCISCO AGUABELLA 『HITTING HARD (1977)』から2曲をセレクト!!

    かのディジー・ガレスピーが「コンガ界のコルトレーンだ!!」と評した、マタンサス出身コンガ/バタの国宝的鬼軍曹フランシスコ・アグアベージャ。数々の名盤を残したアグアベージャだが、そのなかでも最も人気と言えるのが『HITTING HARD (1977)』だろう。状態がよければ軽く 1,000 USDはくだらないというラテン/レアグルーヴ・ファンの憧れの一枚。今回の7INCHはその名盤から、人気のある2曲がセレクトされたというDJ諸氏悶絶の一枚である。SIDE-Aは、歴史的なフロア・ダンス・クラシック "DESIRE" 。ヴィブラフォンの塩梅と透明感のあるヴォーカルが素晴らしく、この曲が目当てのためだけにオリジナル盤を探し求めるDJ/コレクターが現在でも数多くいるほどだ。またB面には エドゥ・ロボ 作曲、エリス・レジーナ のヴァージョンで有名な、"CASA FORTE" の超高速・ハード・パーカッション・ジャズ・カヴァー。人力とは思えないアグアベージャの強烈なコンガも堪能できる一曲としても有名。オリジナルを引用したジャケット付きの世界500枚限定生産、この歴史的7inch シングルカットをぜひ手元に!!


    ソングリスト

    • 1 DESIRE
    • 2 CASA FUERTE

    ご来店お待ちしております!!

    ディスクユニオン大阪店からのお知らせ

















    大阪クラシック館からのお知らせ


    大阪店MAP

    大阪店MAP

    ◆ディスクユニオン大阪店
    営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)  TEL 06-6949-9219
    買取専用ダイヤル : 0120-946-300
    (携帯電話からは 06-6949-9217)
    e-mail : dok@diskunion.co.jp
    〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ1F
    ○最寄駅:
    ・阪急「梅田」駅 徒歩約6分
    ・JR「大阪」駅・阪神「梅田」駅 徒歩約8分
    ・地下鉄谷町線「中崎町」駅 徒歩約2分
    ・地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩約6分
    ・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩約6分

    駐車場
    ・自転車でご来店のお客様は都島通り沿いの駐輪場をご利用ください。 新品

    TOPICS

    ★大阪店への行き方★




    ■HIPHOP R&B WANTLIST 2018


    酒

    rock



    買取案内


    ブログ内検索

    twitter

    Copyright ©  -- CD・レコードの販売・買取|店舗情報|ディスクユニオン大阪店 --  All Rights Reserved
    Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /